Xiaomi渾身の新作CC9のまとめ。発表会の7月2日を前に公式情報が出揃ってきました

スマートフォン

Xiaomiから新作のスマートフォンシリーズが発表間近となっています。

シリーズ名はXiaomi CC。

その第一弾はXiaomi CC9とXiaomi CC9eという2モデルが発表されることまでは決定しています。

後述しますがXiaomiCCは、Xiaomiが若者や女性市場に強いMeituという企業と提携してデザインしたスマートフォンで、そのデザイン性やコンセプトはこれまでのXiaomiとは一線を画すものとなっています。

今回はこれまで公式に発表されているXiaomiCC9とCC9eの情報をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

XiaomiCCシリーズはどんなスマートフォン?

昨年Xiaomiと提携していくことを発表したMeitu(美図)

Meituといえば中国の若者なら誰もが知っている画像加工ソフト「美図秀秀」の開発元です。写真をこのソフトに突っ込むだけで自動的に綺麗な写真となって出力されるという手軽さと、その加工の美しさが受け「画像加工と言えばまず美図秀秀だ。」という地位を確立しました。

その知名度と画像加工技術を活かし、中国のスマートフォン市場に独創的なデザインと自撮り性能の高いスマートフォンを投入したのですが、市場は既にHUAWEI、OPPO、Vivo、Xiaomiの巨大企業に占有されていたことで売上が思うように上がらず、今年度中にスマートフォン事業から撤退することを発表しました。

今後はMeituのスマートフォン事業はXiaomiが引き継いでいくことになり、そんなXiaomi&Meituのスマートフォン第一弾が7月2日に公式発表されるXiaomiCC9とXiaomiCC9eです。

XiaomiとMeitu双方に足りなかったものを補間していく形の提携なので、XiaomiCCは若者や女性にうまくリーチするのではないでしょうか。

XiaomiCC9はこれまでにないお洒落なデザイン

残念ながら現在公開されているのは背面のデザインのみ。

Meituの魂を継ぐスマートフォンなのでカメラは勿論トリプル構成。

フロントカメラも元祖自撮りスマートフォンの名に恥じない世界最高性能のカメラに仕上がっていることは想像に難くありません。

 

下部の拡大

ロゴに注目。

Xiaomiは創業から約10年。今となってはやや硬い印象のあるMiのロゴから、時代に即した親しみやすいロゴデザインになっています。


参考までにこちらはXiaomiの通常ロゴ。

 

これらのケースにも先程のロゴが大きく印刷されています。

 

ケース装着図。

 

パッケージの写真。

 

左からXiaomiCC9、CC9Meitu特別版、CC9eのパッケージ。

デザイン性はこちらにも現れており、CCという文字が大小の円形を4つ重ねたものとなっており、現代的なデザインに仕上がっています。

CCの持つ意味

ここまで来るとCが頭に付くポジティブな英単語集と言えなくもないのですが、とにかくこれまでのXiaomiにはあまりない「抽象的」なイメージが先行するデザインのポップです。

発表日は7月2日

XiaomiCC9とXiaomiCC9eの発表会の日程は7月2日北京時間19:00から(日本時間20:00)

例によって発表会の様子は各動画配信サイトで生中継されるので、詳細なスペックや価格が気になる方は是非チェックしてみて下さい。

また、現在前金100元(約1,600円)を支払う形での先行予約が行われています。

広告の頻度から察するに、久しぶりに気合の入ったXiaomiの新作スマートフォンなので、初期出荷分の在庫数もそれなりに確保されているものと思われます。

7月2日が楽しみです!

 

コメント