ジンバルカメラ搭載!vivo X50シリーズのスペックまとめ

スマートフォン

最近ハイコストパフォーマンスなiQOOシリーズが話題を呼んでいるvivo。

そんなvivoから新たなスマートフォンが発表されました。

vivo X30の後継となるX50シリーズで、今回発表されたラインナップはX50、X50 Proと、さらにその上位であるX50 Pro+の3モデル。

X50にはジンバルカメラが搭載されるというプロモーションが大々的に行われており、vivoということで価格にも期待できることから、私も前からずっと気になっていたモデルです。

 

スポンサーリンク

スペック

X50 X50 Pro X50 Pro+
SoC Snapdragon765G Snapdragon765G Snapdragon865
RAM 8GB
LPDDR4X
8GB
LPDDR4X
8GB/12GB
LPDDR4X
ストレージ 128GB/256GB
UFS2.1
128GB/256GB
UFS2.1
128GB/256GB
ディスプレイ 6.56インチ
AMOLEDパネル
6.56インチ
AMOLEDパネル
6.56インチ
AMOLEDパネル
ディスプレイ解像度 2376×1080 2376×1080 2376×1080
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 120Hz
バッテリー 4200mAh
33W充電
4315mAh
33W充電
4315mAh
44W充電
リアカメラ
  1. 48M 光学手ブレ補正メインカメラ
    SONY IMX598
  2. 13Mポートレートカメラ
  3. 8M超広角カメラ
  4. 5Mマクロカメラ
  1. 48Mジンバルカメラ
    SONY IMX598 
  2. 13Mポートレートカメラ
  3. 8M潜望式ズームカメラ
  4. 8M広角マクロカメラ
  1. 50Mメインカメラ
    Samsung GZ1 1/1.3インチセンサー
  2. 32M ポートレートカメラ
  3. 13M潜望式ズームカメラ
  4. 広角マクロカメラ
フロントカメラ 32M 32M 32M
サイズ 159.54×75.39×7.49
(mm)
158.46×72.8×8.04
(mm)
重量 173g 181.5g
SIMスロット デュアルNanoSIM デュアルNanoSIM デュアルNanoSIM
認証方式 指紋認証
フェイスアンロック
指紋認証
フェイスアンロック
指紋認証
フェイスアンロック
イヤフォンジャック なし なし
対応バンド 4G:
1/2/3/4/5/7/8
34/38/39/40/41
5G:
n1/n3/n41/n77/n78/n79
4G:
1/2/3/4/5/7/8/12/17
34/38/39/40/41
5G:
n1/n3/n41/n77/n78/n79
その他

 

デザイン

vivo X50

X50はフラットディスプレイにパンチホールカメラデザイン。

 

vivo X50 Pro

こちらはX50 Pro。同じくパンチホールですが、エッジディスプレイデザインになっています。

 

vivo X50 Pro+

X50 Pro+のデザインはX50 Proとほぼ同じですが、背面が革になっているのが特徴です。

本体サイズ

X50は小型軽量化に力が入れられており、本体サイズは以下の通り。

機種 厚さ 重量
X50 159.54mm 75.39mm 7.49mm 173g
X50 Pro 158.46mm 72.8mm 8.04mm 181.5g

私感ですが、素晴らしいと思う箇所を赤字にしてみました。

 

ディスプレイ

ディスプレイはX50がフラットディスプレイ、X50 ProとX50 Pro+がエッジディスプレイデザインとなっています。

全てSamsungのAMOLEDパネルが使用されており、リフレッシュレートはX50とX50 Proが90Hz、X50 Pro+は120Hzになっています。

 

変態カメラを搭載するX50 Pro

たまに変態スペックな機種をリリースすることで有名なvivoですが、このX50シリーズでもその変態ぶりは健在。

 

X50に搭載されているメインカメラはSonyとvivoが共同開発したとされるIMX 598センサーを搭載し、X50 Proにはジンバル機能が付いています。

また、カメラに合わせてX50シリーズには3つのマイクが搭載され、動画撮影時の録音性能も非常に高くなっています。

 

公式プロモーション動画ではレンズ自体がぐりぐり動いていました。

このジンバル機能はX50 Proのみで、X50とX50 Pro+には搭載されない模様。

その代わりにX50 Pro+のメインカメラにはSamsungのGN1センサーが搭載されており、1/1.3インチの大型センサーにより超高感度での撮影や、ズームカメラは光学5倍ズームが可能になっています。

 

5G通信対応

2020年モデルなので当然5G通信にも対応しています。

また、vivoらしく対応バンドも広く、n77/n78/n79全てのバンドが使用できるのも特徴です。

価格

モデル 人民元価格 日本円換算
X50 8GB+128GB 3498元 約53,000円
X50 8GB+256GB 3898元 約59,000円
X50 Pro 8GB+128GB 4298元 約65,000円
X50 Pro 8GB+256GB 4698元 約71,000円
X50 Pro+ 8GB+128GB 4998元 約75,000円
X50 Pro+ 8GB+256GB 5498元 約83,000円
X50 Pro+ 12GB+256GB 5998元 約91,000円

発売日

X50は2020年6月6日、X50 Proは6月12日に発売予定、X50 Pro+は少し遅れて7月に発売される予定です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

スタンダートなミドルレンジのX50

動画撮影ならハイエンドにも勝る変態カメラを積んだX50 Pro

正統派ハイエンドなX50 Pro+

その上全モデルで小型軽量化に力が入っている。

この機種の特徴を簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

 

X50、X50 ProについてはSnapdragon765Gなのに4000元前後と、vivoにしては若干割高な印象。

買うのであればジンバルカメラの付いているX50 Proになるでしょう。

X50 Pro+は文句なしの最高級モデルで、スペック比で見ると割安感があります。

 

vivo X50シリーズが何より素晴らしいのはサイズ。

私の中でスマートフォンは横幅74mm以下、厚さは8mm以下でそれぞれ超快適になるという謎の基準があります。

X50シリーズはそれらをほぼクリアしており、その上重量も180g程度と最近のスマートフォンに比べてかなり軽くなっています。

最近の機種は軒並み片手持ちを拒絶するサイズになっていることを考えるとX50は非常に親切で、女性のみならず男性にとっても非常に使いやすいサイズ感でしょう。

 

スポンサーリンク

コメント