【amazonで取り扱い開始】あれ、案外いいかも…?格安ミドルエンド中華スマホUMIDIGI F1

スマートフォン

中国外の市場に向け、これまではローエンドモデルを販売してきたUMIDIGI。

中国内では同程度のスペックのスマートフォンが10,000円ちょっとで買えるのに対し、UMIDIGIは20,000円近くで販売していたり、更には致命的なバグが残ったまま販売に踏み切ったりと、正直あまりいい印象はありません。

このメーカーが今現在何故ここまで持て囃されているのか、正直理解に苦しむ部分がありました。

 

今回はそんなUMIDIGIからようやくミドルエンドSoCとフルHD以上の解像度のディスプレイを搭載したモデルが発売されるということで、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

UMIDIGI F1のスペック

 

UMIDIGI F1
SoC Helio P60
RAM 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.3インチ
2340x1080px
メインカメラ 1600万画素
800万画素 F/1.7
デュアル
フロントカメラ 1600万画素
バッテリー 5150mAh
サイズ 156.9×74.3×8.8
(mm)
重さ 186g
対応バンド GSM 2 /3 /5 /8
CDMA1X BC0,BC1
EVDO BC0,BC1
WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
TD-SCDMA 34 /39
TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8
/12 /13 /17 /18 /19 /20 /25
/26 /28A /28B
その他 イヤフォンジャックあり

 

結構いいじゃん。というのが率直な感想。

細かく見ていきます。

SoC

UMIDIGI F1に搭載されているSoCはHelio P60。

Helio P60はSnapdragon660相当の性能です。

普段Snapdragon845機を使っている私ですが、Snapdragon660機を手に持って数日間使うことがありました。その時もストレスがたまるレベルでカクつくことはありませんでしたので、ゲームや重いアプリケーションを使わない限りは必要十分な性能を持っています。

動画の再生にはオーバースペック。ゲームも全く動かないというわけではなく、設定を落とせば十分に遊べるレベルだろうと思われます。

 

RAM

RAMは4GBと少し物足りないけれど、逆に6GBあってどうするの?と言われると返す言葉があまり見つかりません。

RAMを大量に使うアプリ(例えばゲーム)を使わないのであれば、RAMが原因のカクつきに襲われることはないでしょう。

 

ディスプレイ

ディスプレイは2340×1080という高解像度の6.3インチLTPS液晶。

フルHD解像度は、それ未満の解像度とは別世界です。

ノッチは水滴型となっており、こちらも2018年後半の主流デザインですね。

ベゼルもかなり細く、ほぼ全面ディスプレイと言えます。

 

 

サイズ

156.9mm x 74.3mm x 8.8mmと、サイズは標準的な6インチ強のスマートフォンサイズですが、厚さの8.8mmというのはやや厚め。

重量の186gというのもやや重めです。

 

 

カメラ

1600万画素と800万画素のデュアル搭載で、f/1.7の明るいレンズになっています。

最近のスマホは格安構成でもそこそこの写真は撮れるので、まあ十分でしょう。

でも過度の期待はしないように。

 

バッテリー

この機種の一番の売りは5150mAhという超大型バッテリーでしょう。1回の充電で2日使えるレベルです。

前述した本体の厚みと重さはこのバッテリーのせいではないかと推測します。

充電はUSB-TypeC端子で行い、18Wの高速充電に対応しています。

 

対応バンド

各キャリアの主要バンドが網羅されています。

日本でも何の問題もなく使用できるでしょう。

ここまで対応バンドが広い機種は中華スマホでも一部のハイエンドモデルに限られています。

 

 

その他

SIMスロットは2枚、背面に指紋認証センサーも付いています。

イヤフォンジャックもしっかり搭載されています。

OSはピュアアンドロイド風Androidという点も○。

あとは致命的なバグさえなければ…

 

価格

UMIDIGI F1は219ドルで販売開始されるとのこと。

同程度の性能の比較対象としてXiaomiのミドルエンドモデルで挙げるとすればXiaomi6Xでしょうか。

Xiaomi6Xはドル換算200ドル程度なので、天下のXiaomiと十分価格面で張り合えていますね。

 

まとめ

これくらいのスペックが、普段使いにおいてもストレスをあまり感じずに使える最低ラインだと思います。

この価格帯だと、220ドルでUMIDIGI F1を買うか、280ドルでPOCOPHONE F1を買うか、といった選択肢になるでしょう。(意地悪くてすみません。でもこんな名前付けられたら…ね)

 

正直今までのUMIDIGI機種はコストパフォーマンスで考えると割高だったので、当ブログではあまり取り上げることはなかったのですが、今回のF1は結構いい感じですね。

どこかに粗があるだろうとスペックシートをくまなく見たのですが、見つかりませんでした。

というか、このスペックにこれだけの対応バンドということを考えると無二のコストパフォーマンスを誇るスマートフォンと言えそうです。

Snapdragonは対応バンドを増やそうとするとどうしても割高になってしまうので、今後は割安なMediaTekのSoCを積んだスマートフォンが増えてきそうです。

 

Amazonをはじめ、日本での直営販売にも力を入れてきているのも好印象。海外通販の場合は初期不良に当たった時の面倒臭さが半端ないですもんね。

とりあえず、買いたい人はAmazonで公式販売が始まるまで待ちましょう。

 

UMIDIGI F1がAmazonで取扱い開始

【1/14追記】amazonで予約が始まりました。1/31より出荷とのことです。

価格もゴールド、ブラック、レッド共に24000円と、ドル換算で220ドルの定価での販売となっています。

 

amazon


UMIDIGI F1 SIMフリースマートフォン Android 9.0 6.3インチ FHD+ 大画面 ノッチ付きディスプレイ 128GB ROM + 4GB RAM Helio P60オクタコア 5150mAh大容量バッテリー 18W高速充電 16MP+8MPデュアルリアカメラ 顔認証 指紋認証 ブラック

 

スポンサーリンク

コメント