OnePlus7Tがついに発売。スペックのまとめと価格の考察

スマートフォン

先日公式公開されたOnePlus7T。

9月28日のインドでの発売を皮切りに世界中で順次発売されていく予定ですが、残念ながら日本での発売予定は現時点ではありません。

OnePlusシリーズについて

OnePlusシリーズは今年春からプレミアムモデルとなるPro版(OnePlus7Pro)と廉価帯の無印版(OnePlus7)に分化し、今回発表されたOnePlus7Tは廉価帯の無印OnePlus7の後継機となります。

 

この記事では前作OnePlus7からどこが変化しているのかをメインに詳しく見ていこうと思います。

スポンサーリンク

スペックシート

OnePlus7T OnePlus7
発売日 2019年9月 2019年5月
SoC Snapgragon855 Plus Snapgragon855
RAM 8GB/12GB 6GB/8GB/12GB
ストレージ 128GB/256GB UFS 3.0 128GB/256GB UFS 3.0
ディスプレイ 6.55インチ 6.41インチ
解像度 2400×1080(px) 2340×1080(px)
バッテリー 3800mAh
WARPCHARGE30W充電
3700mAh
DASHCHARGE20W充電
メインカメラ 1.4800万画素IMX586
光学式手ブレ補正
2.望遠
3.超広角
トリプルカメラ
1.4800万画素IMX586
光学式手ブレ補正
2.500万画素
デュアルカメラ
フロントカメラ 1600万画素IMX471 1600万画素IMX471
サイズ 160.94×74.44×8.13mm 157.5×74.8×8.2mm
重量 190g 185g
SIMスロット デュアルSIM デュアルSIM
認証方式 ディスプレイ内指紋認証
フェイスアンロック
ディスプレイ内指紋認証
フェイスアンロック
通知ランプ なし なし
イヤフォンジャック なし なし
Bluetooth 5.0
aptX,aptX HD,LDAC,AAC対応
5.0
aptX,aptX HD,LDAC,AAC対応
対応バンド FDD LTE:
1/2/3/4/5/7/8/12
13/17/18/19/20
25/26/28/29/30
46/66/71
TDD LTE:
34/38/39/41/48
UMTS:
1/2/4/5/8/9/19
CDMA:BC0/BC1/BC10
GSM:2/3/5/8
FDD LTE:
1/2/3/4/5/7/8/12
13/17/18/19/20
26/28/29/32
TDD LTE:
34/38/39/40/41
TD-SCDMA:34/39
UMTS(WCDMA):
1/2/4/5/8/9/19
CDMA: BC0/BC1
GSM: 850/900
1800/1900 MHz

外観

カラーは現時点で2種類で、Glacier BlueとFrosted Silver。

カメラがトリプル構成となったことで、OnePlus7までは縦並びだったレンズが横並びになりました。

背面は変わらずガラスコーティングとなっています。

 

ディスプレイ面は水滴ノッチが引き続き採用されており、一見OnePlus6T→OnePlus7の時のように同じ筐体の使いまわしに見えるのですが、本体サイズが157.5×74.8×8.2mm→160.94×74.44×8.13mmとやや縦長になったのに伴い、ディスプレイ解像度も2340x1080px→2400x1080pxに向上しており、更に大きな特徴としてOnePlus7Proで話題となった90Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

上部にもスピーカーが配置されており、ステレオスピーカーも当然引き継がれています。

性能面

性能面ではSoCがSnapdragon855からクロックアップモデルとなるSnapdragon855 Plusに変更されている以外には大きな変更点はありません。OnePlus7の時から高速転送規格であるUFS 3.0に対応していたので、現時点でこれ以上のスペックアップは難しいとも取れます。

バッテリー性能

バッテリー容量は3700mAhから3800mAhへ増加しています。こちらは誤差程度ですが、5V6AのOnePlus独自の充電規格、WARPCHARGEに対応し、充電速度は更に早くなっています。

カメラ性能

OnePlus7Tはトリプルカメラ構成。

OnePlus7では高性能メインカメラ+測距用のデュアルカメラという構成でしたが、OnePlus7TはIMX586搭載の高性能メインカメラ、2倍の光学ズームカメラ、117℃の超広角カメラというOnePlus7Proとほぼ同じ構成になりました。メインカメラには勿論光学手ブレ補正も受け継がれています。

さらには最高で2.5cmまでの接写ができるマクロモードも搭載。

OnePlus7でも十分な画質での撮影が可能でしたが、OnePlus7Tでは撮影の幅が大きく広がった形になります。

カメラ機能の向上がOnePlus7Tの最大の特徴と言えるでしょう。

スペックのまとめ

OnePlus7でも大きな不満と言える不満はありませんでしたが、何か一つ物足りなかったのは事実。水滴ノッチディスプレイにほぼ単眼のカメラと、少し時代遅れな感は否めません。

OnePlus Proシリーズという上位モデルが存在するので、差別化のために意図的に機能を削らざるを得ない中で、OnePlus7Proの大きな特徴である「1.エッジディスプレイ、2.ノッチレスデザイン、3.90Hzのリフレッシュレート、4.トリプルカメラ構成」のうち「90Hzのリフレッシュレート、トリプルカメラ構成」を僅か半年足らずで廉価版であるOnePlus7Tに降ろしてきたのは素晴らしい振り分けだと思います。

 

懸念点はスペック比ではかなり安めの水準だったOnePlus7からどれくらい値段が上がるか。

OnePlus7に比べてカメラが一つ増えていることや細かい性能の向上があることから、OnePlus7と同価格、またはやや高めになるものと見ています。

最後に価格面の考察を。

OnePlus7Tの価格

巨大な市場を抱え価格競争が激しい中国では、他国での販売価格に比べて定価が安く設定されていることが多く、その中でもOnePlusシリーズは価格差が顕著です。

現在インドとアメリカでの販売価格が発表されていますが、気になるのが中国版の値段。

現時点で中国版の価格はまだ発表されていませんが、インド版OnePlus7TとOnePlus7の価格データから推測をしてみます。

インド版OnePlus7とOnePlus7Tの価格

RAM+ストレージ同一容量モデルでの比較

モデル ルピー ドル換算
インド版OnePlus7
8GB+256GB
37999ルピー 約540ドル
インド版OnePlus7T
8GB+256GB
39999ルピー 約570ドル

中国版OnePlus7の価格

OnePlus7販売開始当初の価格

モデル 人民元価格
中国版OnePlus7
8GB+256GB
2999元 約420ドル
中国版OnePlus7
12GB+256GB
3499元 約490ドル

 

インド版が30ドル程度の価格上乗せになっているので、中国版でも同程度(人民元換算で200元)の上乗せになるのではないかと見ています。8GB+256GBモデルで3199元(約450ドル)程度であれば十二分にお買い得と言える水準ではないでしょうか。

 

・10月15日追記

中国版の価格も発表されました。

中国でもOnePlus7Tシリーズが公式発表。中国版の価格は2999元(46,000円)から!
本日北京で行われた発表会でOnePlus7Tの定価が発表されました。 スペックについては既に他国で発表されている通り。 意図的にスペックを落とされていた感のあるOnePlus7とは違い、OnePlus7Tはノッチデザイン...

 

スポンサーリンク

 

コメント

  1. うるくん より:

    中国版はいつ発売になるのかとかご存じですか?

    色々調べているのですが、見つかりません。

    ご返答よろしくお願いします。

    • ゆるちな より:

      長期出張で返信が遅れすみません。世間の情報から切り離されていたので荷物の整理をしつつ情報を漁っています。
      既にご存知かもしれませんが、10月15日に北京で発表会、通常は発表会から一週間程度で発売となるので、10月21日もしくは22日の発売になるものと思われます。
      10月19日に中国各地でポップアップイベントが開催されるので、そちらでの先行入手も可能とのことです。