中国でもOnePlus7Proが発表。発売日は5月21日。価格は激安の64,000円から!

スマートフォン

本日5月16日、中国でもOnePlus7Proが正式にお披露目されました。

OnePlus7Proのスペックについては先日14日にロンドンとニューヨークで発表された情報と全く同じなので、こちらの記事では割愛します。
下のリンク先の記事にてまとめていますので、詳しくはそちらをご参照下さい。

OnePlus7Proが正式発表。想像していたより安い!?発表会情報のまとめ
昨日5月14日日本時間24:00にOnePlusシリーズ最新作のOnePlus7Proの公式発表会が開かれました。 発表された情報をまとめていきます。 OnePlus7Proのスペック こちらはOnePlus7Pr...

 

何故中国の発表会情報をわざわざ記事にしたかというと、日本からOnePlusを購入する場合は中国版を輸入するのがお得だから。

OnePlusはグローバル版も中国版も世界中で同じハードウェアを販売しています。

しかし中国ではGoogleへのアクセスが政府により遮断されているため、中国版のOnePlusにはGooglePlayや日本語を含んだ様々な言語が省かれた中国版のOSがプリインストールされています。

しかし、こちらは簡単に入れ替えることができる設計になっているため、元の定価が安く、また物理的な距離が近い中国で売られているOnePlusを購入する場合は送料も安く済む場合が多いため、必然的に中国版を購入してグローバル版のOSに入れ替えるのが割安になります。

スポンサーリンク

中国版OnePlus7Proの価格

中国版OnePlus7Proの定価は以下の表の通り。

現在の日本円とドルレートで換算した金額も同時に載せておきます。(2019.5/16時点でのレートです)

モデル 中国の定価 日本円換算 ドル換算
8GB+128GB 3999元 約64,000円 約580ドル
8GB+256GB 4499元 約72,000円 約650ドル
12GB+256GB 4999元 約80,000円 約730ドル

アメリカでの定価でもお得感はありましたが、そちらと比べてもかなり安くなっています。

 

ちなみにアメリカ(グローバル版)での定価は以下の通りです。

モデル ドル 日本円換算
6GB+128GB 669ドル 約73,000円
8GB+256GB 699ドル 約77,000円
12GB+256GB 749ドル 約82,000円

12GB+256GB版はそこまで価格差はありませんが、下位のモデルになるにつれ価格差が顕著になります。

中国版を日本から購入する場合、発売直後は各リセラーもご祝儀価格を上乗せして販売するケースが多いのですが、徐々に値下がりして最終的には定価に近づいていく傾向にあるので定価は大事です。

中国版OnePlus7Proの発売日は5月21日

OnePlus7Proの発売日は5月21日になります。

先行でブラックとブルーが発売され、ゴールドは6月中下旬から販売されます。

既に予約受付が始まっていますが、保証金を支払って予約する形での予約受け付けではないため、5月20日もしくは5月21日の朝から、公式サイトかOnePlusと提携しているJD.comにて争奪戦に参加することになると思います。

 

また、最速で手に入れたい場合は中国各地で5月18日に開催されるポップアップイベントにて先行購入が可能とのこと。OnePlus6の時はアベンジャーズとのコラボでしたが、OnePlus7はVansとのコラボとのこと。

上海でのポップアップイベントの参加チケットを1枚手に入れたのですが、生憎その日は予定があり行けるかどうか微妙です。

どちらにしろOnePlus7Pro自体はなるべく早く購入する予定ですので、届き次第レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント