OnePlus6Tを中国版HydrogenOS(H2OS)から国際版OxygenOSへ入れ替え日本語化する方法

中国版OnePlus6Tを購入したので、早速プリインストールされている中国版OSであるHydrogenOS(H2OS)からOxygenOSに入れ替えて日本語化しました。

HydrogenOSはGooglePlayがプリインストールされていなかったり、英語と中国語しか使えなかったり、余計なサードパーティ製アプリがプリインストールされていたりと、中国外では使い物になりません。

中国リセラーから購入した場合はほぼ間違いなく中国版が送られてきます。リセラーがサービスで国際版OSに入れ替えてから送ってくれる場合もありますが、中国版OSから国際版OSに簡単に入れ替えられることを知っておけばOS入れ替えサービスの有無は気にせずに購入できるのではないでしょうか。

購入直後の状態。プリインストールされているのはHydrogenOS 9.0.3

※注意
面倒くさい手順を踏まなければならなくなる可能性があるのでOxygenOSへ入れ替えするのであればHydrogenOSのバージョンは上げないようにしましょう。

スポンサーリンク

OnePlus6TにOxygenOSをインストールして日本語化する手順

1.OxygenOSをダウンロード

OnePlus公式サイトからOxygenOSをダウンロード

https://www.oneplus.com/support/softwareupgrade/details?code=9

最近のOnePlusは国際版が先行発売されるのでOxygenOSのリリースが早くて助かります。

2.OnePlus6TのルートにOxygenOSを配置

PCでダウンロードした場合は、先ほどのファイルををOnePlus6Tに移動させるためPCとOnePlus6TをUSB接続し、ファイル転送モードにします。

ファイル転送モードにすることでPCにOnePlus6Tのストレージが表示されるので、内部共有ストレージに先ほどダウンロードしたファイルを移動。

zipファイルのまま突っ込んで構いません。

3.OxygenOSをインストール

設定画面からSystem→System updates→右上の歯車アイコンをタップ

Local upgrade→先ほどのzipファイルをタップ→INSTALL NOW

インストールが始まります。終わったらREBOOTで再起動。

これでOxygenOSへの入れ替えはできましたが、中にHydrogenOSだった頃のデータや設定が残った状態なので、工場出荷状態に戻します。

4.工場出荷状態に戻す

写真やアプリなど、全てのデータが消えるので注意。

電源をオフにします。

電源オフの状態から音量↓ボタンと電源ボタンを押し続けリカバリーモードに入ります。

Wipe data and cacheをタップ

Reset system setting、Wipe cache、Erase everything(Musix,pics,etc)を全て実行

最後にRebootで再起動

5.OxygenOSへの入れ替え完了

言語設定から日本語を選べば日本語化完了です。お疲れ様でした。

手順は本当に簡単です。

冒頭でも書きましたが
面倒くさい手順を踏まなければならなくなる可能性があるのでOxygenOSへ入れ替えするのであればHydrogenOSのバージョンは上げないよう
ご注意下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする