MiとRedMi、Xiaomiのスマートフォン現行全シリーズの一覧

スマートフォン

毎年意欲的な新作スマートフォンを何機種もリリースし続けるxiaomi。あらゆるニーズに対応しようとする姿勢はいいのですが、シリーズ化されるものが次々に現れては消え、また同一シリーズ内でもハイエンドからミドルエンドへ変化するものまで現れています。

正直結構な頻度でxiaomiのニュースをチェックしている私でも追いきれないレベルでシリーズが複雑化してきているので、記憶の整理がてら現在続いているシリーズを記事にまとめてみました。

※単発でシリーズ化されなかったもの、公式に販売中止が宣言されたシリーズ、また長期間新作発表がないシリーズは掲載しておりません。

※発売当時の定価を掲載しています。

 

スポンサーリンク

xiaomiのスマートフォンモデル名の読み方

シリーズ紹介の前にxiaomiスマートフォンのモデル名について。

xiaomiのスマートフォンは大きく2つのグレードに分かれており、それぞれスペックを重視した無印Mi(小米)と、コストパフォーマンスを重視したRed Mi(紅米)と名付けられています。

まず頭にグレードがあり、その下にシリーズ名、さらにその下にナンバリングが続きます。

例えばMi MIX2であれば

Miでスペック重視のグレードであること、その下のMIXでフルスクリーンが特徴的なMIXモデルであること、2は2代目であることを表しています。

また、名前の最後にAが付くものは廉価版モデルであることを表しています。

 

無印Mi(小米)シリーズの紹介

まずはハイグレードの無印Miシリーズから。頭にRedが付かないものがこちらにあたります。

Mi○/Mi○Sシリーズ

ハイエンドモデル。

CPU、メモリー、ストレージ、カメラなど最高峰のパーツで構成されており、流行に合わせたデザインを採用するフラッグシップモデルでリリース周期は約1年となっていますが、マイナーチェンジモデルであるMi○Sが発売される場合があります。

コスパがかなり高いので、取りあえず迷ったらこれを買っておけば間違いないという安心感のあるシリーズ。

最新モデルは2019年2月に発売されたMi9 2019年3月時点で世界最高峰のスペックを誇りつつも、かなり安いためコストパフォーマンスで見ると化物レベルのスマートフォンです。

Snapdragon855を搭載しているだけでなく、トリプルカメラを搭載し超広角撮影にも対応、DxOmarkでも107というハイスコアを記録しています。

 

スペック

Mi9 Mi8
fingerprint
edition
SoC Snapdragon855 Snapdragon845
ディスプレイ samsung AMOLED
6.39インチ
2340x1080px
2248x1080px
Samsung
6.21インチAMOLED
メモリ 6GB/8GB/12GB 6GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB 128GB
メインカメラ トリプルレンズ
SONY IMX586 4800万画素
Samsung S5K3M5, 1200万画素 ポートレートレンズ
SONY IMX481 1600万画素 超広角+マクロレンズ
1200万画素 f/1.8
1200万画素 f/2.4
4軸光学手ブレ補正
フロントカメラ SONY 2000万画素 2000万画素
バッテリー 3300mAh
20W無線充電
USB-typeC 27W有線充電
3000mAh
QuickCharge4.0対応
サイズ 157.5 x 74.67 x 7.61(mm) 154.9×74.8×7.6mm
重量 173g 177g
対応バンド 4G:LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17
LTE TDD:B34/B38/B39/B40/B41 B41
(2535–2655 120MHz)
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
TDSCDMA:B34/B39
CDMA EVDO BC0
2G:GSM:B2/B3/B5/B8
CDMA 1X:BC0
GSM:2/3/5/8
CDMA 1X/EVDO:BC0
WCDMA:1/2/4/5/8
TD-SCDMA:34/39
TD-LTE:
34/38/39/40/41(120MHz)
FDD-LTE:
1/2/3/4/5/7/8/12/17/20
その他 ディスプレイ内指紋認証
フェイスアンロック
ディスプレイ内
指紋認証
フェイスアンロック
価格 6GB+128GB:2999元
8GB+128GB:3299元
12GB+256GB:3999元
6GB/128GB:3199元
8GB/128GB:3599元
発売日 2019年2月 2018年9月

 

フラッグシップモデルなだけあり1,2世代前のモデルでも必要十二分な性能があるので、新モデルの発売後に値下がりした旧モデルを狙うのもありだと思います。

発売日は2月26日。Snapdragon855搭載Xiaomi Mi9のスペックまとめ
ついに公式発表がなされ全貌が明らかになったXiaomiの最新フラッグシップスマートフォンMi9。 Xiaomiらしくハイスペックパーツを組み合わせた設計となっており、世界最高クラスの化物スペックながらも価格はかなり抑えられています。 ...

Mi MIX○/Mi MIX○Sシリーズ

こちらもMi○と同じようにハイエンドモデルですが、Mi○シリーズより上位の位置付けになっており、Xiaomiのスマートフォンでは最上位のモデルです。

その特徴は前面がほぼディスプレイで占められている点でしょう。

最新モデルはMi MIX3

2016年に発売された初代Mi MIXは6.4インチのディスプレイを搭載し、158.8×81.9×7.9mmという大きさに209gという重さ、4400mAhの大容量バッテリーというモンスタースマホでしたが、流石に大きすぎたのかMi MIX2からは全面ディスプレイという大きな特徴は踏襲しつつもサイズダウンが図られました。

Mi MIXが小型化されたこと、またフラッグシップ機であるMi8がノッチデザインになりディスプレイ占有率が上がったことで、両モデルの差別化が難しくなっているように思えます。

最新のMi MIX3ではスライド機構を採用し、ほぼ全面ディスプレイ化に成功。見事にMi○シリーズとの差別化がされています。

 

スペック

Mi MIX3 Mi MIX2S
SoC Snapdragon845 Snapdragon845
ディスプレイ 2340 x 1080px
6.39インチ
2160x1080px
5.99インチ
メモリ 6GB/8GB/10GB 6GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB 128GB/256GB
メインカメラ 1200万画素
1200万画素
1200万画素 f/1.8
1200万画素 f/2.4
光学手ブレ補正
フロントカメラ 2400万画素
200万画素
デュアルカメラ
500万画素
バッテリー 3200mAh
QuickCharge4.0対応
10W無線充電対応
3400mAh
無線充電規格Qi対応
サイズ 157.89×74.69×8.46mm 150.9×74.9×8.1mm
重量 218g 189g
対応バンド FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8 /12/13/17/18/19/20/25
/26/28/29/30/66
TD-LTE:34/38/39/40/
41(2496MHz – 2690MHz)
WCDMA:1/2/3/4/5/6/8/9/19
TD-SCDMA:34/39
CDMA EVDO:BC0/BC1/ BC6/BC10
グローバル版
GSM:2/3/5/8
CDMA 1X/EVDO:
BC0/1/6/10

WCDMA:1/2/3/4/5/6/8/9/19
TD-SCDMA:34/39
TD-LTE:
34/38/39/40/41
FDD-LTE:
1/2/3/4/5/7/8/
12/13/17/18/19
/20/25/26/27
/28/29/30
※赤文字はプレミアムモデルのみ
その他 スライド機構搭載
価格 6GB+128GB:3299元
8GB+128GB:3599元
8GB+256GB:3999元
6GB+64GB:2899元
6GB+128GB:3199元
6GB+256GBプレミアム:3999元
発売日 2018年11月 2018年3月

 

 

Mi MAXシリーズ

xiaomiのミドルエンドファブレットシリーズ。

そのサイズや価格から、ニーズの端っこの方を追い詰めていたらこうなってました感がありますが、決してイロモノというわけではなく実用性も兼ね備えています。

最新モデルはMi MAX3

Xiaomi Mi Max3レビューまとめ コスパ最高のファブレット!
コスパに優れたファブレットとして発売前から注目されていたMi Max3。 私は購入を見送ったのですが、中国での売れ行きはなかなか好調のようです。 先月末に販売され、当初は入手困難となっていたのですが、現在はようやく供給も...

 

 

スペック

Mi MAX3 Mi MAX2
SoC Snapdragon636 Snapdragon625
ディスプレイ 2160x1080px
6.9インチ
1920x1080px
6.44インチ
メモリ 4GB/6GB 4GB
ストレージ 64GB/128GB 32/64/128GB
メインカメラ 1200万画素
500万画素
1200万画素IMX386
f/2.2
フロントカメラ 800万画素 500万画素 f/2.0
バッテリー 5500mAh 5300mAh
サイズ 176.2×87.4×8.0mm 174.1×88.7×7.6mm
重量 221g 211g
対応バンド 2G:GSM 2/3/5/8
3G:CDMA 1X/EVDO BC0
3G:WCDMA B1/2/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
3G:TDD-LTE B34/38/39/40/41
(120M 2535M-2655M)
3G:FDD-LTE B1/3/4/5/7/8/20
GSM :2/3/5/8
CDMA EVDO : BC0
WCDMA 1/2/5/8
TD-SCDMA 34/39
TDD-LTE 38/39/40/41
FDD-LTE 1/3/5/7/8
その他 SDカード対応 SDカード対応
価格 4GB+64GB:1699元
6GB+128GB:1999元
4GB+32GB:1399元
4GB+64GB:1699元
4GB+128GB:1999元
発売日 2018年7月 2017年5月

 

 

Mi Noteシリーズ

元々最高級モデルという触れ込みで登場したMi noteシリーズでしたが、Mi○シリーズとの差別化が難しくなったのかMi Note3ではsnapdragon660搭載のミドルエンドモデルへと転化させられました。

最新モデルはMi note3

しかし、RedMiにもRedMi noteシリーズがあり、ただただ紛らわしいだけの存在になりつつある悲劇のMi note。4が登場するかどうか危ぶまれています。

 

スペック

Mi note3 Mi note2
SoC Snapdragon660 Snapdragon821
ディスプレイ 1920x1080px
5.5インチ
2160x1080px
5.7インチ
メモリ 6GB 4GB/6GB
ストレージ 64GB/128GB 128GB
メインカメラ 1200万画素 f/1.8
1200万画素
2256万画素 f/2.0
フロントカメラ 500万画素 800万画素
バッテリー 3500mAh 4070mAh
サイズ 152.6×74.0x7.6mm 156.2×77.3×7.6mm
重量 163g 166g
対応バンド 2G:CDMA BC0
2G:GSM B2/3/5/8
3G:WCDMA B1/2/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
4G:TD-LTE B34/38/39/40/41
4G:FDD-LTE B1/3/5/7/8
2G:CDMA BC0
2G:GSM B2/3/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
3G:WCDMA B1/2/5/8
4G:TD-LTE B38/39/40/41
4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/
20/25/26/28/29/30
※赤文字はグローバルモデルのみ
その他
価格 6GB+64GB:2899元
6GB+128GB:3199元
6GB+256GBプレミアム:3999元
6GB+64GB:2799元
6GB+128GB:3299元
6GB+128GBグローバル:3499元
発売日 2017年9月 2016年11月

 

Mi○SEシリーズ

iPhoneからそのまま持ってきたと思われるネーミングのSEシリーズは、ミドルエンドでやや小型のモデル。フラッグシップ機の廉価版という位置付けになるのでしょうか。

最新モデルはMi8SE

Mi8SEをMi8と比べると、CPU性能やカメラ性能が落とされている他、やや角ばったデザインとなっておりサイズダウンが計られています。

 

スペック

Mi8SE
SoC Snapdragon710
ディスプレイ 2244×1080
5.88インチ
SamsungAMOLED
メモリ 4GB/6GB
ストレージ 64GB/128GB
メインカメラ 1200万画素 f/1.9
500万画素 f/2.0
フロントカメラ 2000万画素
バッテリー 3120mAh
サイズ 147.3×73.1×7.5mm
重量 164g
対応バンド

GSM:2/3/5/8
CDMA 1X/EVDO:BC0
WCDMA:B1/2/5/8
TD-SCDMA:34/39
TDD-LTE:34/38/39/40/41(120MHz)
FDD-LTE:1/3/5/7/8

価格

4GB/64GB:1799元
6GB/64GB:1999元
6GB/128GB:2299元

発売日

2018年6月

 

Mi○Xシリーズ

ミドルエンドのシリーズとなっており、安価ながらカメラ、特にフロントカメラに力を入れたシリーズです。

カラーバリエーションもかわいらしいものが多く、女性をターゲットにしているものと思われます。流行りの自撮りスマホのXiaomi版といったところ。

最新モデルはMi6X

スペック

Mi6X Mi 5X
SoC Snapdragon660 Snapdragon625
ディスプレイ 2160x1080px
5.99インチ
1920x1080px
5.5インチ
メモリ 4GB/6GB 4GB
ストレージ 32GB/64GB/128GB 32GB/64GB
メインカメラ 1200万画素IMX376 f/1.75
2000万画素IMX486 f/1.75
広角1200万画素 f/2.2
望遠1200万画素 f/2.6
フロントカメラ 2000万画素IMX376 500万画素
バッテリー 3010mAh 3080mAh
サイズ 158.7×75.4×7.3mm 155.4.2×75.8×7.3mm
重量 168g 165g
対応バンド 2G:GSM B2/3/5/8
3G:CDMA 1X/EVDO BC0
3G:WCDMA B1/2/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
4G:TD-LTE B34/B38/39/40/41
4G:LTE FDD B1/3/5/7/8
2G:GSM B2/3/5/8
3G:CDMA EVDO BC0
3G:WCDMA B1/2/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
4G:TD-LTE B34/38/39/40/41
4G:FDD-LTE B1/3/5/7/8
その他 SDカードスロット搭載
価格 4GB+32GB:1499元
4GB+64GB:1599元
6GB+64GB:1799元
6GB+128GB:1999元
4GB+32GB:1299元
4GB+64GB:1499元
発売日 2018年4月 2017年8月

 

 

Mi Playシリーズ

スペックはローミドルながら、ハイグレードシリーズの無印MiにラインナップされているMi Play。

本来ならRedmiグレードとしてリリースされてもおかしくないのですが、Redmiが独立ブランド化する関係上無印Miグレードに分類されたのだと思います。

スペックの割に1099元(約17,000円)というのはやや高めに感じるのですが、この機種を使う場合、一月10Gまでの通信が一年間無料で使用できます。合計120GB。

一日300MBは使用できる計算になるので、相当ハードに使用しない限りこれ一台あれば事足りそうです。

子供に親が買い与えることを想定した、主に若年層に向けたスマートフォンです。

 

スペック

Mi Play
SoC Helio P35
ディスプレイ 1080 x 2280 px
5.84インチ
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ デュアルカメラ
フロントカメラ シングルカメラ
バッテリー 3000mAh
サイズ 147.76 x71.89 x 7.8(mm)
重量 150g
対応バンド 2G:GSM B2/3/5/8
3G:CDMA1X BC0
3G:WCDMA B1/2/5/8
3G:TD-SCDMA B34/39
4G:TD-LTE B34/B38/39/40/41
4G:LTE FDD B1/3/5/7/8
その他 デュアルSIM SDカード対応
価格 4GB+64GB:1099元
発売日 2018年12月

 

 

無印Miシリーズは以上。RedMiシリーズに続きます。

スポンサーリンク

 

Redmi(紅米)シリーズの紹介

RedMiはコスパを重視したグレード。XiaomiはこのRedmiが記録的な大ヒットをしたことで一躍有名になり、ブランド成長の基盤となりました。

また、2019年1月にRedmiが独自ブランドになりました。今後Redmiからハイエンドモデルが発売される可能性はありますが、現時点では端末のロゴが「Mi」から「Redmi」に変わった他は何も影響はありません。

Redmi○シリーズ

Redmiのフラッグシップモデル

Mi○シリーズはMiグレードの中のハイエンドモデルとなっていますが、こちらはRedmiグレードのミドルエンド。

最新モデルはRedmi7

性能はお察し程度ですが、通話、チャットアプリ程度であればきびきび動作します。

なにげにデュアルレンズ搭載。

充電スピードが遅いのがネックとなっています。

 

スペック

Redmi7 Redmi6
SoC Snapdragon626 MediaTek
Helio P22
ディスプレイ 1520x720px
6.26インチ
水滴型ノッチ
1440x720px
5.45インチ
メモリ 2GB/3GB/4GB 3GB/4GB
ストレージ 16GB/32GB/64GB 32GB/64GB
メインカメラ メイン:1200万画素
サブ:200万画素
1200万画素
500万画素
フロントカメラ 1300万画素 500万画素
バッテリー 4000mAh 3000mAh
サイズ 158.73×75.58×8.47mm 147.5×71.5×8.3mm
重量 180g 146g
対応バンド GSM:B2/3/5/8
CDMA 1X/EVDO:BC0
WCDMA:B1/2/5/8
TD-SCDMA:B34/39
TDD-LTE:B34/38/39/40/41
FDD-LTE:B1/3/5/7/8
GSM:2/3/5/8
CDMA: 1X/EVDO:BC0
WCDMA:1/2/5/8
TD-SCDMA:34/39
TD-LTE:34/38/39/40/41
FDD-LTE:1/3/5/7/8
その他 デュアルSIM
SDカード対応
ゴリラガラス5
デュアルSIM
SDカード対応
価格 2GB+16GB:699元
3GB+32GB:799元
4GB+64GB:999元
3GB+32GB:999元
4GB+64GB:1199元
6GB+64GB:1399元
発売日 2019年3月 2018年6月

 

Redmi Noteシリーズ

Redmiのハイエンドモデルであるとともに現在の売れ筋でもあります。

最新モデルはRedmi Note7

Redmi Note7はSnapdragon660を搭載し、フルHD以上の解像度、最高で6GB+64GBのRAM、4000mAhの大容量バッテリーなど、もはや下手な無印Miグレードモデルを凌駕するレベル。

無印Miグレードに迫る性能を持っていながらも、安価なRedMiグレードにラインナップされているため、ただでさえコストパフォーマンスの良いXiaomiスマートフォンの中でも最高レベルのコストパフォーマンスを持つシリーズと言えます。

自撮り性能が高いということで女性にも人気があります。

低価格モデルがよく売れる国ではRedMiブランドが確立されているので、それらの国向けにRedMiブランドでリリースしたモデルを中国でも売ることになった。という経緯でここまで高性能になってしまっているのではないかと予想します。

 

コスパ最強な中華スマホRedmi Note7実機レビュー。スペックだけではなくデザインも素晴らしいミドルエンド機種。
1月15日、中国で発売されたRedmi Note7。 今回は予約販売と当日販売があり、予約受付が始まった1月7日頃からずっと購入するか迷い続けていました。 発売日当日の朝になってようやく決心が付いたのでグラデーションブルーの4G...

Redmi Note7のレビューしました。

 

スペック

RedMi note7
SoC Snapdragon660
ディスプレイ 2340x1080px
6.3インチ
水滴型ノッチ
メモリ 3GB/4GB/6GB
ストレージ 32GB/64GB
メインカメラ 4800万画素
500万画素
フロントカメラ 1300万画素
バッテリー 4000mAh
Quickcharge4.0
サイズ 159.21×75.21×8.1mm
重量 186g
対応バンド GSM:2/3/5/8
CDMA: 1X/EVDO BC0
WCDMA:1/2/5/8
TD-SCDMA:34/39
TD-LTE:34/38/39/40/41
FDD-LTE:1/3/5/7/8
その他 SDカード対応
価格 3GB+32GB:999元
4GB+64GB:1199元
6GB+64GB:1399元
発売日 2019年1月

 

RedMi○Proシリーズ

ミドルエンドモデル。

Proが付くモデルは2016年に発売されたRedmi Pro、それに前項で挙げたRedMi note5 Pro、そして今から紹介するRedMi6Proの計3モデルがあります。正直統一性がなさすぎてシリーズとして括るのは憚られるのですが、RedMi3ProとしてリリースされてもいいはずのRedMiProにナンバリングがないことからシリーズとして扱わせてもらいます。

最新モデルはRedMi6 Pro

流行のノッチデザインを採用し、低価格モデルであるにも関わらずディスプレイ占有面積が非常に大きいのが特徴です。

その分600番台Snapdragonの中でも、今となっては正直厳しい625を搭載することでコストダウンを図っているようです。

 

スペック

RedMi6Pro
SoC snapdragon625
ディスプレイ 2280x1080px
5.84インチ
メモリ 3GB/4GB
ストレージ 32GB/64GB
メインカメラ 1200万画素
500万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 149.3×71.7×8.8mm
重量 178g
対応バンド GSM:2/3/5/8
CDMA: 1X/EVDO BC0
WCDMA:1/2/5/8
TD-SCDMA:34/39
TD-LTE:34/38/39/40/41
FDD-LTE:1/3/5/7/8
その他 SDカード対応
価格 3GB/32GB:969元
3GB/32GB:1199元
4GB/64GB:1299元
発売日 2018年6月

 

 

海外向けモデルの紹介

Xiaomiとは別ブランドで中国外で販売しているモデル。

新興国の市場を掌握すべく、ついにXiaomiが本腰を上げたといったところ。

 

POCOPHONE

主にインド市場へ向けたモデル。

特徴はSoCにSnapdragon845を搭載していながら日本円で約30,000円程度という安さ。その他にも大容量バッテリーやLiquidCoolが搭載され、ゲーム用として特化したスマートフォンです。

ゲームがぬるぬる動くということは、勿論普段使いにおいても快適に動作します。

実売価格でも30,000円前後で買えるので、個人的に2018年コスパNo1スマホ。

 

POCO F1
SoC Snapdragon845
メモリ 6GB/8GB
ストレージ 64/128/256GB
ディスプレイ 6.18インチ
2246 x 1080px
バッテリー 4000mAh
メインカメラ 1200万画素+500万画素
デュアルレンズ
フロントカメラ 2000万画素
SIMスロット MicroSIM、MicroSD
からいずれか2枚
対応バンド GSM B2/3/5/8

WCDMA B1/2/5/8

FDD-LTE B1/3/5/7/8/20

TDD-LTE B38/40/41(120MHz)

サイズ 155.5×75.2×8.8mm
重さ 182g
価格 6+128GB:27999香港ドル

 

スポンサーリンク

 

コメント