Xiaomiの日本進出第二弾!Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sのスペックと価格のまとめ

スマートフォン

昨年日本市場に進出したXiaomi。

第一弾は2019年12月に発売されたMi Note 10。スマートフォンの心臓部分となるSoCにQualcommのミッドレンジSnapdragon730Gを採用し、カメラには1/1.33インチの超大型センサーを搭載したスマートフォンです。

 

本日日本市場進出第二弾となるMi Note Lite 10とRedmi Note 9Sの発表イベントがあり、情報が正式に公表されました。

想像以上に価格が安かったので発表された情報とMi Note 10 LiteとRedmi 9Sの紹介を記事にさせていただきます。

 

スポンサーリンク

日本版Mi Note 10 Liteと日本版Redmi Note 9Sのスペック

日本版Mi Note 10 Lite

日本版Mi Note 10 Lite
SoC Snapdragon730G
RAM 6GB/8GB
LPDDR4x
ストレージ 64GB/128GB
UFS2.1
ディスプレイ 6.47インチ
AMOLEDパネル
ディスプレイ解像度 2340×1080
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 5260 mAh
リアカメラ
  1. 6400万画素メインカメラ
    Sony IMX686 1/1.73インチセンサー
  2. 800 万画素超広角カメラ
  3. 500万画素深度センサーカメラ
  4. 200 万画素マクロカメラ
フロントカメラ 1600万画素
ノッチカメラ
サイズ 157.8×4.2×9.67
(mm)
重量 204g
SIMスロット NanoSIM+NanoSIM
デュアルSIM
認証方式 指紋認証
フェイスアンロック
イヤフォンジャック あり
対応バンド 4G:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/38/40/41

日本版 Redmi Note 9S

日本版Redmi Note 9S
SoC Snapdragon720G
RAM 4GB/6GB
ストレージ 64GB/128GB
ディスプレイ 6.47インチ
LCD
パネル
ディスプレイ解像度 2340×1080
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 5020 mAh
18W充電
リアカメラ
  1. 4800万画素メインカメラ
  2. 800万画素超広角カメラ
  3. 500万画素マクロカメラ
  4. 200万画素深度カメラ
フロントカメラ 1600万画素
ノッチカメラ
サイズ 165.75×76.68×8.8
(mm)
重量 209g
SIMスロット NanoSIM+NanoSIM or NanoSIM+MicroSD
デュアルSIM
認証方式 指紋認証
フェイスアンロック
イヤフォンジャック あり
対応バンド 4G:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/38/40/41

 簡単な機種紹介

日本版Mi Note 10 Lite

Mi Note 10 Liteは昨年発売されたMi Note 10の廉価モデル。

Mi Note 10と同じようにカメラ性能に重きを置いたスマートフォンで、1/1.73インチの大型センサー、SonyのIMX686センサーが採用されており、価格帯別で見ると非常に高い性能を持ったカメラが特徴。

スマートフォンの心臓部分であるSoCにはSnapdragon730Gが搭載されており、重いゲームをしない限り快適に使用できる性能を持っています。

 

日本版Redmi Note 9S

Redmi Note 9Sは各国で販売されており、コストパフォーマンスに優れていることから国によってはミドルレンジ市場を総舐めにしているようなスマートフォンです。

SoCにはSnapdragon720Gが搭載されており、Mi Note 10 Liteに搭載されているSnapdragon730Gの下位モデルという扱いではありますが、実は基本性能においてSnapdragon730Gより優れている面もあり、コストパフォーマンスで考えるとSnapdragon730Gの上位SoCとも言えます。

勿論Mi Note 10 Liteと同じように重いゲームをしない限りは快適な性能です。

日本版の対応バンドについて

残念ながら両機種とも5G通信には対応していませんが、日本モデルということで4G対応バンドはかなり広くなっており

対応バンドはなんと1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41

日本の4キャリアの主要バンドを全て網羅しています。

価格

日本市場においては海外市場より高めに設定されることが多いスマートフォンの価格。

しかし今回はXiaomiも本気で日本進出を考えているようで

▲Mi Note 10 Liteの6GB+64GBモデルは39,800円

 

▲Mi Note 10 Liteの6GB+128GBは44,800円!

 

▲Redmi Note 9Sの4GB+64GBモデルに至っては24,800円!!!

 

▲Redmi Note 9Sの6GB+128GBは29,800円!!!!!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

Mi Note 10 Liteも素晴らしいのですが、コストパフォーマンスで考えると、特にRedmi Note 9Sは比肩するものがないくらい素晴らしいスマートフォンです。

全てにおいて標準以上の性能を持っている上にイヤフォンジャックもあり、SoCはSnapdragon 720Gということで、ライトゲーマーにはぴったりなスマートフォンではないでしょうか。

対応バンドについてもSIMフリーな上に日本4キャリアの主要バンドを全て網羅しているので、取りあえず手持ちのSIMをぶっこめば使えます。これ本当に大きいです。

最近MNOに新規参入した楽天モバイルのバンドにも対応しているので、1年間無料プランで使用するとMi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sのコストパフォーマンスの良さを更に活かせると思います。

※余談 日本の通信料金はDocomo Au Softbankが談合しているのか他国と比べて異常に高いので、競争が進むよう楽天モバイルを是非応援してあげて下さい。

 

Xiaomiの日本市場進出において、昨年のMi Note 10の投入は若干微妙な感はあったのですが、今回のRedmi Note 9Sの投入は衝撃的。

これが話題を呼んでXiaomiの知名度が上がれば、以前のHUAWEIのようにフラッグシップモデルも日本市場に順次投入されていくものと思われます。

例の原爆プロモーション騒動があったように、Xiaomiは日本企業である無印良品をモデルにしているにも関わらず日本市場を軽視している傾向にあるように思えます。

日本市場を馬鹿にできないよう、逆説にはなりますがXiaomiを是非応援してあげて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメント