とうとう中国で規制されたアイコスヒートスティックのネット販売。買う方法は?

昨今の禁煙、分煙ブームに生産量が追いついていないこともあり、日本では転売商材として大人気だったアイコス。

中国でも徐々に認知されてきており、中国でも禁煙ブームということもあり、人気の商品となっています。

中国では本来正式販売されていない筈ですが、日本やヨーロッパから持ち運ばれたものが高値で取引されていました。

これは日本での値段がなかなか下がらなかった一因でもあります。

スポンサーリンク

日本での転売は下火になっていますが…

現在日本では必要な人にはほぼ行き渡ったというところ。相場も10,000~12,000円と、殆ど定価と変わらず一段落していますが、中国では未だプレミアムがついており16,000~18,000円という高値で取引されていました。

中国で販売する経路を持っている人はさぞかし美味しい思いをしていたことだと思います。

しかし…

突然アイコスの中国での販売に規制がかかりました

中国も日本と同じように免許のない人はタバコを販売してはいけないという法律があるのですが、アイコスについては電子タバコと見做されていました。

しかし最近、主な取引場所であるB&CtoCモール、淘宝でアイコスの販売に対する規制が入り、アイコスが全て検索に引っかからない事態となりました。

アイコスヒートスティックで検索すると「すみません。【IQOS ヒートスティック】に関わる商品は見つかりませんでした。」と表示されます。

スポンサーリンク

中国でアイコスのヒートスティックを買う方法は?

とはいえ、売る側も大量の在庫を抱えている筈ですし、ライバルが減る=販売経路さえ確立できさえすれば今まで以上の利益を上げられるとあの手この手で何とか販売しようと躍起になっています。

何しろタバコという中毒性のある商材。固定客からは今後数年に渡る利益が期待できるSS級の商材です。

例えばIQOSで検索すると出て来るこの商品。

「加V」とはWECHATでこのIDを登録してください。という隠語です。

評価画面を見たところ綿棒を売っているはずのこの商品に対し、パーラメントヒートスティックの写真付きで「満足です!」という評価が付いています。

これは間違いなくヒートスティックを売っている店に違いない!と、丁度ヒートスティックが切れかけていたのでこのIDに連絡したところ、Wechatでのやり取りを経て何の問題もなくアイコスのヒートスティックを買うことができました。

支払いは淘宝を通すことで淘宝での売上になり、それにより店舗の信用度が上がることで上位に表示されるというからくりです。

購入のついでに少し世間話をしてみたところ

自分が日本人であることを明かし、購入したついでに少し世間話をしてみたところ「以前は日本ブランドのおかげでヨーロッパ版より少し高くても売れていた日本版のアイコス本体だけど、最近は値段も下がってきたから余計によく売れるようになったよ。日本のマルボロヒートスティックはロシア版のパーラメントより高いけれど、日本から仕入れたマルボロはよく売れてるよ!」とのこと。

また「貨源(仕入先)は知らないか?別にアイコスじゃなくてもいいよ!」とも聞かれたので売れ行きは好調のようです。それにしても中国人の商魂は逞しい…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. EARTH より:

    こんにちは、香港在中で、楽しく拝見させて頂いております。
    その後もヒートスティックの購入は問題御座いませんでしょうか?
    今、ヒートスティックが切れかかっており、購入方法を模索しておりますが、販売されているお店を探せないでいます。
    アドバイスを頂けますと幸いです。

    • ゆるちな より:

      すみません、私はどうしてもiqosの味に慣れることができず、結局普通のタバコに戻してしまいました。
      商魂逞しい中国人のこと、ありとあらゆる方法を考えてきます。彼らが考えそうなことを予想してみると購入する方法が見つかるかもしれません。
      参考までに、youtubeで「iqos 烟弹」と検索してみたところ、wechatID付きのそれらしい動画が出てきました。