新型xiaomi note air13.3「指紋版」紛らわしいスペック比較

日本でも人気のmi notebook airシリーズ。

かく言う私も13.3インチのcore i5第6世代モデルを使用していますが、デザイン、液晶、トラックパッド、キーボード、性能、どれも格安PCとは思えないクオリティで、日本で正式販売されていないのにも関わらず売れているのも納得です。

しかし発売日からそろそろ1年が経ち、2016年当時では最新のスペックを誇っていたxiaomi  air13.3ですが、他社から2017年モデルが続々と登場する中、新規購入を考えるにあたっては少々時代遅れのスペックとなっていました。

※単純な性能では数年戦えるスペックですよ!

そんな折、6月18日にシャオミから実質第2世代と言えるmi note air13.3インチ新型モデルが発売されました。

今回はシャオミーの新型airはどこが変わったのか、旧モデルと比べてどうなのかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

シャオミーair13.3指紋版の変更点

変更点はCPUが第6世代から第7世代のintelCPUに、GPUがGeForce940MXからGeForceMX150へ、タッチパッドの右上部分に指紋認証機能が追加されています。

既にデザイン面では完成されていると言っていい洗練度なので、前モデルからデザインは変更せずに筐体パーツを流用することでコストを下げているようです。

外観が変わらないため第2世代と呼ぶのは憚られるらしく、公称では「指紋版」という名前になっていますが、CPUの世代が変わっているので実質第2世代と呼んでもいいのではないでしょうか。

ちなみに旧モデルは「クラシック版」となっています。

紛らわしいので現行モデルの比較をしてみた

先述したように、デザインに変更点がないために公式的には同一世代別モデルとなっており、非常に紛らわしいことになっています。

ということで、現行モデルを一覧で比較してみたいと思います。

13.3インチモデル指紋版

モデル 13.3インチ
指紋版i5 128GB
13.3インチ
指紋版i5 256GB
13.3インチ
指紋版i7モデル
発売日 2017年6月 2017年6月 未発売
CPU Core i5-7200U 3.1GHz Core i5-7200U 3.1GHz Core i7-7500U 3.5GHz
メモリ 8GB 8GB 8GB
ストレージ 128GB PCIe SSD 256GB PCIe SSD 256GB PCIe SSD
GPU GeForceMX150
2GB RAM
GeForceMX150
2GB RAM
GeForceMX150
2GB RAM
ディスプレイ 13.3インチ
1920*1080
13.3インチ
1920*1080
13.3インチ
1920*1080
重量 1.3Kg 1.3kg 1.3kg
本体サイズ 309.6*210.9*14.8
(mm)
309.6*210.9*14.8
(mm)
309.6*210.9*14.8
(mm)
バッテリー駆動時間 動画ストリーム再生8時間
テレビ視聴7.5時間
ブラウジング7.5時間
動画ストリーム再生8時間
テレビ視聴7.5時間
ブラウジング7.5時間
動画ストリーム再生8時間
テレビ視聴7.5時間
ブラウジング7.5時間
定価 4999元 5499元 未発表

i5が2モデル、i7が1モデルというラインナップになっていますが、i7モデルは2017年7月5日現時点ではまだ発売されていません。

i5の2モデルの違いはSSD容量のみで、それぞれ128GB、256GB。もちろん両モデル共にPCIe接続になっています。

ただ、旧モデルに比べて約500元程度値上がりしています。

20g重くなっているのですが、これは誤差レベル。

13.3インチモデルクラシック版

モデル 13.3インチ
クラシック版i5
発売日 2016年9月
CPU Core i5-6200U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD PCIe
GPU GeForce 940MX
ディスプレイ 13.3インチ 1920*1080
重量 1.28kg
本体サイズ 309.6*210.9*14.8(mm)
バッテリー駆動時間 動画ストリーム再生8時間
テレビ視聴7.5時間
ブラウジング7.5時間
定価 4899元

こちらが旧バージョンであるクラシックモデル

さりげなくi7モデルがラインナップから外されています。
いくらcore-i7(6500U)を積んでいるとは言え、流石に5999元というのは高すぎたのでしょうか。

また、指紋版の登場に伴ってクラシック版は100元値下げされています。

100元。。。

スポンサーリンク

日本で購入する場合の実勢価格

いくつか輸入代行サイトをチェックしましたが、現時点では予約受け付けのみとなっているようです。

販売数がかなり限られていることもあり、中国国内でも入手が困難で、転売品も500元~700元程度上乗せされて売られています。

輸入代行サイトで販売開始されたとしても、しばらくは値段が下がらないものと思われます。

指紋版の登場に伴い、クラシック版が値下がりしているので、クラシック版のスペックで問題ないという方はクラシック版を買うのも手ではないでしょうか。

ちなみに12.5インチモデルも既に第7世代のIntelCPUが搭載されたモデルが登場しています。

発売から大分経ち、日本から購入した場合の値段も大分落ち着いています。

指紋認証機能こそ付いていないものの、第6世代CPUが搭載された旧モデルからかなりスペックアップしているので、気になる方はこちらの記事をご参照下さい。

Xiaomi mi notebook air 13.3のレビュー。満足度は中程度!?
私はメインPCとしてシャオミーのMi notebook airを使用しています。 スマホのアルバムを見ていたら開封時の画像が出てきたの...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする