xiaomiサブブランドPOCOがインド市場に向けたスマホ「F1」を発表。激安!

8月22日、xiaomiがインドで行った新作発表会にて、xiaomiのサブブランドとなるPOCOが「POCO F1」スマートフォンを発売することを発表しました。

日本人的にはかわいい印象を受ける名前の「POCO F1」ですが、ノッチデザインの6.18インチのIPSディスプレイ、snapdragon845を搭載した紛れもないハイエンドモデル。

カラーは
Graphite Black
Steel Blue
Rosso Red
特別版となるケプラー素材で背面を覆ったArmoured Editionの4種類があります。

OSはPOCO向けにカスタマイズされたMIUIが搭載されており、MIUIよりも軽快に動作するとのこと。

カメラは光学手ブレ補正は搭載されていないものの、デュアルピクセルAFに対応。

ステレオスピーカー搭載

さらには4000mAhの大容量バッテリーまで搭載されています。
充電規格はQuickcharge3.0となっており、4000mAhの大容量バッテリーでも2時間もあればフル充電できるでしょう。

そして最大の特徴は液体冷却システムが内蔵されていること。
同じxiaomiということでBlackSharkのシステムの流用でしょうか。

大容量バッテリーと合わせ、主にゲームを遊ぶ際の大きな助けになってくれるのは間違いありません。

POCO F1のスペック

POCO F1 アーマードエディション
SoC Snapdragon845 Snapdragon845
メモリ 6GB/8GB 8GB
ストレージ 64/128/256GB 256GB
ディスプレイ 6.18インチ
2246 x 1080px
6.18インチ
2246 x 1080px
バッテリー 4000mAh 4000mAh
メインカメラ 1200万画素+500万画素
デュアルレンズ
1200万画素+500万画素
デュアルレンズ
フロントカメラ 2000万画素 2000万画素
SIMスロット MicroSIM、MicroSD
からいずれか2枚
MicroSIM、MicroSD
からいずれか2枚
対応バンド GSM B2/3/5/8

WCDMA B1/2/5/8

FDD-LTE B1/3/5/7/8/20

TDD-LTE B38/40/41(120MHz)

GSM B2/3/5/8

WCDMA B1/2/5/8

FDD-LTE B1/3/5/7/8/20

TDD-LTE B38/40/41(120MHz)

サイズ 155.5×75.2×8.8mm 155.7×75.5x.8.9mm
重さ 182g  187g
価格 6+64GB:20999ルピー
6+128GB:23999ルピー
8+256GB28999ルピー
 8+256GB:29999ルピー

価格は6+64GBモデルが20999ルピー(約33,000円)
6+128GBが23999ルピー(38,000円)
8+256GBが28999ルピー(46,000円)
アーマードエディション8+256GBが29999ルピー(約48,000円)
となっており、スペック比で考えると現時点で世界で一番お買い得なスマートフォン。

さらに発売時には発売セールとして特別価格
6+64GBモデルが19999ルピー(31,000円)
6+128GBが22999ルピー(36,000円)
8+256GBが27999ルピー(44,000円)にて買えるようになっているようです。

実機

現場では実機を触れる用になっており、取材をした記者は「気になるところを挙げるとすれば、本体がずんぐりとしているように感じる」と述べていました。

確かにスペックシートを見ると厚さは通常版が8.8mm、アーマードエディションが8.9mmとなっており、主流のスマートフォンが厚さを8mm以内に抑えていることを考えるとかなりの厚さ。
恐らく液体冷却システムや4000mAhの大容量バッテリーのせいでこの厚さになってしまったのでしょう。

それ以外にネガティブな感想は述べられていなかったので、かなりの完成度のスマホになっているのは間違いなさそうです。

発売日は8月29日。

インド以外の国でも発売されるようですが、残念ですが日本は含まれていません。

スポンサーリンク