OnePlus7Tのケースとフィルムはこれがおすすめ!今回も色々試してみました

ガジェット情報

OnePlus7T購入からしばらく経ちました。いつものようにケースやフィルムなどを色々と物色してみたので紹介したいと思います。

私はデザインより機能性を重視、デザインもシンプルなものが好みです。

 

スポンサーリンク

 

OnePlus7T公式ケース

▲毎度おなじみのOnePlus公式ケース。こちらはその7T版のカーボンハーフケース。

軽さ、薄さ、手触り共に申し分ないのでOnePlusシリーズを購入する際は毎回同時に注文するようにしています。

 

▲ハーフケースなので上下は覆わない構造。

▲装着するとこんな感じ。着脱に少し力がいるくらいしっかりした素材です。

 

▲OnePlus7でも同じケースで運用していたのですが、上下を完全に覆わないケースだけに、ガラスコーティングされていないこの面に傷が付きやすいんですよね。

OnePlus7Tの側面をガラスコーティングしてもらえれば安心して使えるのですが、コスト的に難しいのでしょうか。

 

公式ケースというだけあり手持ちの感触や軽さと薄さは最高です。本体に傷が入りやすいことと落とした際の耐衝撃性能を気にしない方には是非おすすめの高品質ケース。

http://s.click.aliexpress.com/e/BXo58XXK

▲Aliexpressでも取り扱っている店舗は結構多く大体30ドル程度。

耐衝撃ケース

▲こちらは耐衝撃性能を売りにしたケース。

本体に入る傷を気にしてフルカバーのケースを探していた時に、評価の高かったこちらのケースを試しに購入してみました。

 

▲硬質のプラスチックと軟質のシリコンを組み合わせた構造になっているようです。

 

▲落下時の衝撃をシリコンが吸収するとの謳い文句。シリコン素材はそれなりの厚みがあり、確かに衝撃を吸収してくれそうです。

 

▲背面にはリングが付いています。

 

▲装着した様子。このデザインをどう捉えるかは人によって様々でしょう。

 

▲残念なのはこの彫りの深さ。ディスプレイ面が奥まっているのでジェスチャー操作が非常にしづらいです。

 

サイズが大きく、操作性が犠牲になってしまうのは残念ですが、多少の高さからなら落としても大丈夫な耐衝撃性能はありそうです。

デザインがゴテゴテしすぎていることと、流石に操作しづらすぎるのでもう少しシンプルなものを探すことに。

US .18 |With stand Ring Hybrid case For Oneplus 7T Hard PC Armor shockproof protective back cover for one plus 7t pro oneplus7t shell on AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

▲Aliexpressで3ドル程度。

 

OnePlus公式シリコンケース

▲こちらはOnePlus公式の液体シリコンケース。

 

▲内側が布地になっており、シリコン部分も厚手。保護性能はかなり高そうです。

 

▲カメラユニットよりケース面が若干高くなることでカメラを保護するデザインなので机に置く時もフラット。

 

▲ディスプレイ面と縁の高さ。若干縁が高めですが、ジェスチャー操作には問題ないレベル。厚めのガラスフィルムを貼ることでさらに操作性が上がります。

 

こちらの公式ケースですが、カラーバリエーションはレッドのみとなっており、身近なもので例えるとまさに日の丸レッド。目立つので家の中でよくスマートフォンをなくす人にはおすすめ。

かなりクオリティが高いケースではあるのですが、埃が異常に付着しやすいことと、手持ちの際に滑りやすいこと、この色は人前で使うにはちょっときついので別のものを探すことに。

 

http://s.click.aliexpress.com/e/BXo58XXK

▲こちらもAliexpressの公式アクセサリーシリーズ販売店で取り扱いあり。10ドル強。

※同じようなシリコンケースにOnePlusのロゴを付け、Official品として販売している店もあるようなので注意。

▲正規品はこのような一目で本物と分かる格好いいパッケージに入っているので、レビューの写真を見て判断するようにして下さい。

 

非公式液体シリコンケース

▲最終的にたどり着いたのがこちらで、見た目は何の変哲もないシリコンケース。素材はOnePlus公式シリコンケースと同じ液体シリコン。

中国だとこういったケースは通常50円程度で叩き売りされているのですが、こちらはその何倍もしました。

中華製品は値段と品質は比例関係にあるだけに、OnePlus公式ケースには及ばないながらもかなりしっかりしたつくり。

カラーバリエーションも色々あったのですが、OnePlus7T本体がブルーなので近い色を選択。

個人的にこの色選びは失敗。近いうちにもっと大人しい色のものと替える予定です。

 

▲内側は公式ケースと同じように布のような素材。

 

▲公式シリコンケースと比べると若干薄め。ふかふかでもなく、かといって硬すぎずで丁度いい硬さです。

また、電源ボタンと音量ボタンの作り込みが若干甘くやや押し込みづらいです。

 

▲このケースで一番気に入ったのはその彫りの浅さ。ケースの縁はディスプレイ面から僅かに高くなっているだけなのでジェスチャー操作が非常に快適です。

公式シリコンケースにはないストラップホールも付いています。

厚めのガラスフィルムを貼ることでディスプレイ面の高さがさらに上がり、もっと快適になりました。

 

全体的に丸い形状のおかげで触った感触がとても優しい上に薄くて軽いので手に馴染む素晴らしいケースなのですが、材質と表面の処理が仇となり滑りやすいのがネック。公式シリコンケースよりも更に滑りやすいです。

ということで私は次に紹介するフィンガーバンドを付けてそれを補っています。

US .09 18% OFF|For Oneplus 7T Case Soft Liquid Silicon Cover For Oneplus 7 7T Pro Ultra Thin Shockproof 360 Degree Full Protective Back Case-in Fitted Cases from Cellphones & Telecommunications on AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

▲Aliexpressで4ドル程度。レビューの写真を見る限り海外向けバージョンは背面にOnePlusのロゴが入っているようです。

 

 

フィンガーバンド

▲先程紹介したケースの最大の欠点は滑りやすいこと。しっかり握っていないと手から滑り落ちていきそうなレベルで滑ります。

滑り止めのギザギザ加工等も施されていないので、滑りやすさを補うためにフィンガーバンドを付けています。

これは本当におすすめ。

 

▲使う時はスライドさせて引き出して指を通して使います。

スマートフォンリングは金属製で硬いので指が痛くなるのですが、こちらはそんなこともなし。

また、同じようにスタンドとして使用することも可能です。

 

▲気に入ったので大量に購入してストックしてあります。

フィンガーバンドもこれまでに色々なメーカーのものを試したのですが、多分これが一番高品質。

使い始めはスライドのロック機構が固いのですが、使っているうちに柔らかくなっていき使いやすくなるので育てていく楽しみもあります。

US .99 20% OFF|Finger Ring Holder Mobile Phone Ring Grip Animal Multi Band Universal Phone Grip Gift Stand Back Sticker For Wireless Charging-in Phone Holders & Stands from Cellphones & Telecommunications on AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

▲Aliexpressで4ドル程度。

 

MOMO STICK スマートフォン マルチバンド [正規品]

▲Amazonで1,000円強

 

ヒドロゲルフィルム(TPUフィルム)

ガラスではない保護フィルムは現在ヒドロゲルフィルム(TPUフィルム)というものが主流になっています。

理由は最近のスマートフォンのディスプレイ面は端が曲面になっているものが多いので、従来の硬い素材のフィルムでは周囲が浮き上がってしまうため。

ヒドロゲルフィルムはこんな感じで柔らかいので曲面にもしっかりと密着させることができます。

 

このように位置合わせ用の器具が付属しているものが便利です。

 

▲3層になっているので1番下のフィルムを剥がしてディスプレイに貼り付け。

保護用に貼られている1番上のフィルムを剥がす前にこの状態で空気抜きを行うようにして下さい。

フィルムが軟質なので1番上のフィルムを剥がした状態で空気抜きをしようとするとフィルムに傷が付くか最悪破れます。

 

▲分かりづらい写真ですが、曲面部分までぴったりとフィットしています。

 

ヒドロゲルフィルムの欠点は従来のフィルムやガラスフィルムに比べて指滑りが悪いこと、軟質なので傷が付きやすいこと。

また、貼り付けの際に空気が入りやすいので貼り付け難度も非常に高いです。(多少の気泡であれば時間経過と共に空気が抜けていくようです。)

幸い単価は安いので最低5枚くらいは買っておいて貼り付けの練習用と傷が付いた時の予備にするといい感じです。

 

最近のヒドロゲルフィルムは改良されて指滑りがかなりよくなってはいますが、それでもガラスフィルムと比べるとまだまだなので結局ガラスフィルムを使うことに。

公式クローンガラスフィルム

▲ガラスフィルムはOnePlus公式ガラスフィルムと言いたいところですが、入手性が悪いのと、何より高いので割れた時のことを考えるとなるべく安いものをストックしておきたいところ。

ということでフィルムは公式ガラスフィルムと同じようなデザインのものを使用しています。

側面が曲面になった厚型タイプなのでジェスチャー操作が非常に快適です。

 

▲かなり大型のガラスフィルムなので貼り付けは注意が必要。ケースを選びます。

先程のケースの場合だと左右の猶予は1mmもなかったので位置合わせのためにケースを装着した状態で貼り付ける必要がありました。

 

▲上下も同じく猶予は殆どありません。

 

アールプロダクト OnePlus7T ガラスフィルム 曲面全面保護 白浮きなし

▲Amazonで1,000円前後

組み合わせ

▲ケースとフィルムが誂えたかのようにぴったりとハマるサイズだったのでこの構成で使い続ける予定です。

デザインより操作性重視。でもケースの色だけはなんだか気持ち悪いので黒に替えます。

おまけ

▲ケース型のモバイルバッテリー。

OnePlus7Tはそこまで電池持ちがいいわけではないので試しに購入してみました。

 

▲こんな感じで使用するのですが、わざわざ普段使っているケースを外してこのケースを装着する必要があり、使い勝手は非常に悪いです。

 

▲一応スタンドも付いているので映画を観る時なんかにはいいのかもしれません。出先で映画を観る状況なんてものが想像できない私には無用の長物でした。

数回使用しただけで充電できなくなったのでゴミ箱行き。

 

こういう充電ケースは無線充電と相性がいいのでOnePlusにも早く無線充電機能が欲しいところ。

特にiPhoneは充電ケースの選択肢が豊富なので羨ましいです。

 

スポンサーリンク

コメント