oneplus3を半年以上使ってみて感じたこと

oneplus3との出会いからはや半年、すっかり手に馴染んだoneplus3

ということでoneplus3を半年使ってみて感じたことをまとめます。

スポンサーリンク

デュアルSIMはとにかく便利!

プライベート用、会社支給の会社用、ECサイト運営用と、今までは3台のスマートフォンを運用してきましたが、oneplus3購入を機にプライベート用と会社用のSIMカードを1つのスマートフォンにまとめました。

3台の運用は家では充電用の配線がごちゃごちゃ。会社ではバッテリー残量の少ないものを優先して充電するもぐら叩きのような状態。oneplus3に変えたところそれがスッキリ解消されました。

また、パケット通信容量が余り気味だったため、会社支給のSIMとプライベート用のSIMを統合し、パケット通信プランを1段階安いものに変更できたことで毎月の通信料が安くなりました。

日本に帰国する際もDOCOMOの通話用SIMとNVMOSIMの2枚に入れ替え、普通のキャリアスマホのような運用ができます。

受信とSMS認証用のキャリアSIMと格安NVMOSIMの同時運用は日本にお住まいの方に是非オススメします!

熱くならない!

充電しながら動画を再生しても本体からは殆ど熱を感じません 。充電しながらの使用は発熱が原因でバッテリーの寿命を縮めるのでやめましょう。という啓蒙もどこへやら。

ということでAcuBatteryでバッテリーの劣化具合を調べてみました。

家ではラジオ代わりに充電しながら常にyoutubeを自動再生していたり、相当ハードに使い倒してこの劣化具合はまあまあと言えるのではないでしょうか。

家と会社にDashChage充電器を2本用意しているのでモバイルバッテリーは携帯していませんが、バッテリー切れに困った記憶はありません。

接触式の指紋認証センサーは使いやすい

GalaxyやIphoneに搭載されているプッシュ式の指紋認証センサーに比べ、oneplus3の接触式指紋認証センサーはとにかく便利に感じます。

こう感じるのはプッシュ式の指紋認証センサーの場合ボタンを押し込むプロセスが必要になり、ボタンを押し込むには多少の力を入れなければならず、無意識のうちにスマートフォンを支えるポジションに手の形を変化させているからではないかと思います。

今後は接触式の指紋認証センサーに各メーカーも移行していくのではないかと予想。

6GBのRAMは無駄かも…

現在android7.0ベースのOSを使用していますが、どうも大容量のRAMにandroidが対応しきれていないようで、メモリ使用量に大分余裕があるにも関わらず複数のアプリを起動するとバックグラウンドのアプリが落ちてしまいます。

節電のためかもしれないので何とも言えませんが、メモリ使用量を監視しても使用量が4GB以上になったことはほぼありません。売りの6GBRAMはあまり役に立っていないようです。

半年間OnePlus3を使ってみたまとめ!

発売後間もなくoneplusTというブラッシュアップバージョンがほぼ同じ値段で登場しました。普通なら怒りたくなるものなのでしょうが、正直無印oneplus3ですらオーバースペックに感じていたので、別段なんとも感じませんでした。

デザイン、スペック、値段全てにおいて満足できたスマートフォン。2016年に買ったものの中で間違いなく1番満足できる買い物でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする