6月11日にXiaomiのスマートウォッチシリーズ最新作MiBand4が公式発表されます!

ガジェット情報

MiBandはXiaomiの販売するスマートウォッチシリーズ。

高性能かつ非常に安価なのが特徴です。

低価格帯スマートウォッチXiaomi MiBand3でできることとレビュー
MiBand3はxiaomiが2018年5月に発売した低価格のスマートウォッチ。価格は169元(約2,800円)という低価格。 2014年に79元で販売された初代Mi Bandほど価格面でのインパクトはありませんが、それでも他のスマー...

 

2014年に初代MiBandが登場して以降、2016年にMiBand2、2018年にMiBand3と、これまでは隔年で発売されていたので、今年2019年にMiBand4が出るのか出ないのか気になっていたのですが、ついに公式公開されました。

XiaomiのCEO雷軍氏がWeiboに投稿した画像

 

雷軍氏は画像と共にこのように発言しています。

発表は6月11日14:00(日本時間15:00)から。

ディスプレイが39.9%大きくなり、16000色以上のカラーディスプレイ、色とりどりに個性を持たせた文字盤!とのこと。

ポップの画像からはかなりの種類のデザインの文字盤が見て取れますので、スキンをダウンロードしてカスタマイズできるようになっていそうです。

 

また、小愛同学(Xiaomiの音声アシスタント)に対応しているか?との質問に肯定で答えています。

最低でもマイクは搭載されており、前作MiBand3から実用性も大幅に向上しているものと思われます。

 

気になるのは価格面。

初代MiBandは79元(約1,200円)、MiBand2は149元(約2,400円)、MiBand3は169元(約2,700円)と徐々に値段が上がってきています。

価格についても発表会で公表されると思いますので、発表会に注目です。

今回はカラーディスプレイ化することもあり、価格面には少し不安が残りますが、200元までに収まっていてくれるととっても嬉しいです。

スポンサーリンク

コメント