中国からの視点で爆買いの正体を分析してみる

爆買いと言われる現象、日本での報道と中国で暮らす日本人の視点には少し剥離があるため、中国で暮らす日本人の目から分析してみます。

スポンサーリンク

品質の良い日本製品、でも値段も高い…

爆買いという言葉が話題になって随分経ちますが、それ以前から日本製品の品質が高いことは中国人もよく知るところでした。

日本というブランドが中国人の間で確立されていたのです。

それまで日本製品は日系のデパートでかなりの高値で販売されていました。その背景には輸入会社や小売店の利益の上乗せがあったことは想像に難くありません。

ユニクロや無印良品などで売られている商品にも、日本人なら絶対に買わないような値札が付いており「中国製なのに何故海を越えた日本より高いのか」と、よく日本人の友達と話の種にしたものです。

中国人の海外旅行ブームにより何が起こったか

しかし中国人の平均所得の上昇によって海外旅行がブームになり、当時韓国やタイと並ぶ海外旅行先の1つでしかなかった日本へ行った中国人は驚愕しました。デフレから脱却できない日本、それまでものすごく高いと思っていた日本の商品が、実際は簡単に手の届く価格で流通していたのです。

それまでの日本製品のイメージ

「高いけれど、品質は良く、安心できる」

から

「お手頃なのに、品質もよく、安心できる」

へ変化していきました。

「性价比」という言葉を中国人はよく口にします。日本語に訳すと「コストパフォーマンス」です。

「日本へ行けば、旅行を楽しんだ上、コストパフォーマンスの良い商品が手に入る」

中国で購入する日本製品、日本で購入する日本製品、その価格差を考えるとスーツケース1つに日本の商品を詰めれば航空券代はペイできてしまいます。

その情報は昨今のSNSブームも相まりすぐに中国全土に拡散していきました。

さらに根からの商売人である中国人、お金が絡んだ時のスピードは尋常ではありません。代购(代理購入)を商売にしようとする人達も大挙して日本へ押し寄せ、結果ドラッグストアの棚から商品が消えるという現象も日本各地で見られるようになりました。

スポンサーリンク

爆買いの本質

今までは輸入会社や小売店に啜り取られ、消費者まで行き届いていなかった日本製品のコストパフォーマンスの良さが、旅行者やSNSを通じて中国の消費者へようやく還元された。というのが爆買いの本質であると私は考えます。

爆買いは一過性のブームに過ぎないとよくメディアでは報じられていますが、クレバーな消費者である中国人は、冷静にコストパフォーマンスを分析しその中から日本製品を選択しています。

日本人の目から見ても確かに日本の商品は品質の割に値段も安いです。

今後、越境ECや流通の発達とともに、中国人が小売店に押し寄せるという現象は落ち着いていくとしても、コストパフォーマンスを考えると日本商品の人気はこれからも続いていくのではないでしょうか。

ただ、日本人が考えている以上に中国製品の品質は年々上がっています。中国製品の品質と日本製品の品質の差はどんどん縮まっています。特に電子機器に関しては日本を追い抜くのも時間の問題です。

人口13億人の中国。同等の品質の製品が作れるようになった時、日本の製品は価格面で敵うべくもありません。

日本ブランドの上に胡座をかくことなく、これからも努力を続けていかなければ中国に飲み込こまれてしまう日はそう遠くないのではないか、と切実に感じます。

スポンサーリンク